二次会

2次会は盛り上げるのが難しかったりすることがあるそうなのでむしろ飲み会形式でやりたいと思いますが問題はないでしょうか。

2次会はしなければいけないというものではありません。

 

結婚式については、親せきや会社の上司に新しい家族をお披露目するという機会でもあるので、しなければならないという考えが根強いです。

 

しかし結婚式の2次会については、決してしなければならないものではありません。

 

2次会は主に友人同士が集まって盛り上げるというイメージが強いもので、特に多くの友人がいる場合は2次会をすることで結婚式とはまた違った楽しみができます。

 

よって2次会に関してはこうしなければならないという決まりはなく、主催する人たちの意志や新郎新婦の希望によって内容が決まってくるものです。

 

飲み会形式で行う2次会でも問題はありません。

 

2次会は自由な形式で行えるものなので、結婚式と同じように新郎新婦が前に座っている必要は決してなく、新郎新婦が2次会の出席者の中に混じって飲食をする形式を取っても問題はありません。

 

2次会は主に新郎新婦の友人が集まるためにそこから新たな出会いが生じる可能性も高く、2次会を盛り上げようとあれこれ企画を立てるよりも近くに座った人と楽しく会話をする方がかえって盛り上がることも考えられます。

 

2次会を飲み会形式で行う場合に気を付けたいことについて。

 

2次会を飲み会形式で実際に行うのであれば、いろいろ気を付けたいことがあります。

 

特に他の客も居合わせることの多い居酒屋などで2次会を行う場合、結婚式の時間が押してくることによって2次会の開始時間が遅れることも考えられます。

 

そのような店舗では、場合によっては一定の時間に間に合わなければ予約を強制的にキャンセルされることもあります。

 

店舗側とは結婚式の2次会を行うと伝え、事前に少々の遅れがあるかもしれないということについて了承を得る必要があります。

 

一方で貸し切りができるような店舗では少々の遅れがあっても待ってもらえる可能性は高いですが、終了時間に関してはきちんと前もって伝えてある時間を守る必要があるので、会が始まる前に出席者にきちんと伝えておく必要があります。

関連ページ

結婚式の二次会の仕切りを友人からお願いされましたが、具体的な段取り方法を教えてください。.txt
親しい結婚式に参列すると必ずついてくる二次会ですが、「仕切りをお願い!」と依頼されることも。